2010年09月11日

第3回 ECO翻訳プロジェクト・プロジェクト4_U 合同勉強会 開催しました

(あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業)
第3回 ECO翻訳プロジェクト・プロジェクト4_U 合同勉強会 

主催 (特活)環境市民・IUCN-J・エコリーグ・CBD市民ネット
日時  9月5日(日) 14時から17時まで
場所  住友信託銀行 名古屋駅前支店 セミナールーム
    名古屋市中村区名駅4丁目8番14号 名古屋三井ビル北館 1F
講師  浦口あや(コンサベーション・インターナショナルConservation International)
 http://www.conservation.or.jp/index.html
参加者 ECO日本語化ボランティア 4名
    4_Uプロジェクト 1名
内容
1.14:00   あいさつ 自己紹介

2.14:15 講義(生物多様性条約についてほとんど知らない方が対象)
 1).生物多様性、生態系サービス 2).気候変動と生物多様性
 3).気候変動緩和策と生物多様性

   (途中休憩 15分)
 
3.16:30 質疑 

 まず、講師の浦口さんが所属されているコンサベーション・インターナショナル(CI)について簡単な紹介がありました。CIは世界中で活動している国際NGOで、生物多様性ホットスポットを提唱しています。このホットスポットとは、生物多様性が高くさらに絶滅の危機に瀕している地域で日本も含まれています。そして、東南アジアなどで生物多様性の保全とその地域に生活する人々の暮らしが成り立つようなプログラムを進めています。
 最初は、
第3回.gif
続きを読む
posted by 環境市民 東海事務所 at 18:51| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO日本語化プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

第2回 ECO翻訳プロジェクト・プロジェクト4_U  合同勉強会 開催報告

(あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業)
第2回 ECO翻訳プロジェクト・プロジェクト4_U 合同勉強会 

主催 (特活)環境市民・IUCN-J・エコリーグ・CBD市民ネット
日時  7月25日(日) 14時から17時まで
場所  住友信託銀行 名古屋駅前支店 セミナールーム
    名古屋市中村区名駅4丁目8番14号 名古屋三井ビル北館 1F
講師  真下俊樹(MOP5市民ネット運営委員・GM国際ウォッチ・日本消費者連盟運営委員)
参加者 ECO日本語化ボランティア 9名
    4_Uプロジェクト 5名

 講師の真下(ましも)さんは英語、フランス語に堪能で、配付された資料も英語と日本語が対比するように示されていました。
 生物多様性条約からカルタヘナ議定書が採択されるまで丁寧に解説されました。
後半はカルタヘナ議定書の今後の争点について、第27条「責任と修復」補足議定書や、カルタヘナ議定書に対する日本政府の対応についてお話しされました。
 質問では、遺伝子組み換え生物の取り扱いなどの話題も出て、普段の生活と密接な関係があることを感じました。(はらのともこ)

第3回の予定
9月5日(日) 午後
場所:すみしんセミナールーム(予定)
講師:名取 洋司 (コンサベーション・インターナショナル・ジャパン)(調整中)
   「生物多様性と気候変動、森林、REDD」

第2回.gif
posted by 環境市民 東海事務所 at 15:11| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO日本語化プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 ECO翻訳プロジェクト・プロジェクト4_U  合同勉強会

6月から9月までの間に3回、ECO日本語化プロジェクトの勉強会を開催します。
ECO日本語化プロジェクトとは、CBDアライアンスというNGOがCOP10期間中に毎日発行する『ECO』というフリーペーパーをボランティアによって翻訳するプロジェクトです。

(あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業)
プロジェクト4_U ・ECO翻訳プロジェクト 合同勉強会 第1回 開催報告

主催 (特活)環境市民・IUCN-J・エコリーグ・CBD市民ネット
日時  6月6日(日) 17時から20時まで
場所  住友信託銀行 名古屋駅前支店 セミナールーム
    名古屋市中村区名駅4丁目8番14号 名古屋三井ビル北館 1F
講師  松井 宏宇(まついひろたか)
   (全国青年環境連盟(エコ・リーグ)、国際青年環境NGO A SEED JAPAN
    生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット) 運営委員)
参加者 4_Uプロジェクト 13名
    ECO日本語化ボランティア 8名
第1回.gif
 講師の松井さんは現役大学院生ですが、10月のCBD/COP10にしっかり関わるため休学中とのこと。今日は、生物多様性についてほとんど初めて話を聞くという方もいるため、まずは言葉の意味から説明が始まりました。
生物多様性が保たれるとは多様な生き物がバランスを保って生き続ける状態であること。
生物多様性には3つのレベルの多様性があること。
生物多様性がなぜ大切なのか、それは生態系から多くのサービスを受け取っているから。
どのくらいの生物種が絶滅しているか − 1年に4万種。

続きを読む
posted by 環境市民 東海事務所 at 14:54| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO日本語化プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

第三回 グリーンフェロー(エコビル) での夜の生き物調べ

好評の”生き物調べ”、今回は夜間です。

前回、日中(6月13日)に行ったグリーンフェローでの
続きとして夜間の生き物調べです。


花木や果樹など誘蝶、誘鳥植物が豊富なエコビルには
普段気付かない昆虫が意外に多いことがわかったのです。

暑さと湿度がまして虫たちがたくさん観察できる
夜間の生き物を見つけたいと思います。

前回少なかった、蝶、ガのほか、セミなども見れるかもしれません。
身近な世界が意外に面白いですよ。



★と き:7月23日(金)19:00-21:00
★ところ:グリーンフェロー 北区清水5―10―8
★講 師:和田浩明
★参加費:会員500円、非会員700円
★持ち物:軍手、ルーペ
★服 装:長袖
★申込み:グリーンフェロー 牧村 052-916-2241
★締 切:7月20日
★主 催:環 境 市 民 東海事務所


CIMG1769.JPG          08初夏.JPG
posted by 環境市民 東海事務所 at 22:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海所長のエコビルが みどり100選に選ばれました!

2010年5月22日、東海所長の牧村氏がオーナーの
エコビル「グリーンフェロー」が

『生物多様性保全につながる企業のみどり100選』に選ばれました。


以下牧村氏のコメントです。


”生物多様性年の年にまたCOP10が開かれる名古屋の地で選ばれたことは
本当にうれしい限りです。トヨタ、積水ハウス、アサヒビール、
六本木ヒルズ、ハウステンボスなどほとんどが大企業ですが、
その中で、唯一小さな企業の小さなエコビルが選ばれています。
13年という歴史と都心の真ん中でもできるというところが
評価されたのではと思っています。これからも、皆様と共に
この生き物のようなオーガニックビルを育てていきたいと存じますので、
これまでどおりのご支援をよろしくお願いいたします。”

                 
エコ ソリューションズ ネットワーク梶@代表
グリーンフェローオーナー 牧村好貢


★『生物多様性保全につながる企業のみどり100選』
http://seges.jp/about/seibututayousei100.html

★一次選考の50選
http://seges.jp/about/100sen/2010seges_100_1jisenkou.pdf
posted by 環境市民 東海事務所 at 22:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

8・9月の行事案内

◎毎年恒例の子供向けエコ教室

ソーラーパネルで動く電車を体験!
光を当てて電車を走らせてみよう!


・日にち:8月22日
・場所:名豊ブックセンター(刈谷市)
http://www.meiho.net/shop/index.html

簡単なクイズに答えることで、地球温暖化について学ぶことができます。
また実際にライトをあてて、Nゲージの電車(Bトレインショーティー)が
光の当たり方に応じて動くことを体験。
楽しみながら、自然エネルギーについても学べます。


 

◎住まいから地球温暖化を考える
 ”港区のエコ住宅訪問”

   
・日時:8月23日(日) 午後1時30分〜3時30分
・費用:500円 
・定員:10人
・申し込み:◎環境市民東海 tokai@kankyoshimin.org




◎日本初のエコビルセミナー

テーマ*日本初のエコビル「グリーンフェロー」は12年でどう変わったのか
1.エネルギー消費量、発電量
2.緑化の実際
3.内・外装の変化とメンテナンス費用
4.自給・自足はどの程度できたのか
5.最近のエコビルの考え方について
※30分程度 ビル内の見学も行います。


・日時:9月12日(土)午前9時30分〜12時
・講師:エコ ソリューションズ ネットワーク梶@代表 牧村好貢
・費用:5000円(学生は2000円 会員は各500円引き)
・定員:20人
・申し込み:◎環境市民東海 tokai@kankyoshimin.org




●NPO研修生を受け入れています。
 
・日にち:8月6日、26日、27日
*今回は、大学生3名が参加。
*環境首都コンテストについて、実務を体験しながら学ぶ予定です。




posted by 環境市民 東海事務所 at 23:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

2009年3月のコラム

首都コン.JPG

環境首都コンテスト 
地域から日本を変える7つの提案



環境市民を主幹とした環境首都コンテスト全国ネットワークでは、

毎年「環境首都コンテスト」を実施しています。

コンテストに応募した各自治体の施策・取り組みを比較し、

先進的な事例を紹介することにより、

自治体間の良い意味での競争を促し、地域の活力の創出に貢献します。


首都コン全国ネットワーク
http://eco-capital.net/


そしてこの度、これまでのコンテストの中から

特に先進的な取り組みを集めて紹介する本が出版されました。

「環境首都コンテスト 地域から日本を変える7つの提案」です。


詳細はコチラ
http://www.kankyoshimin.org/jp/hotnews/syutocontestbook.html


この本のタイトルには「環境」という言葉が掲げられていますが、

環境分野に限らず、まちづくり、交通、住民参画、情報公開など、

多数のキーワードが含まれています。

また自治体、市民、NPO、企業といった異なるセクターの

協働による優れた事例も紹介されています。

自治体関係者の方々はもちろんのこと、企業の方、NPO職員、

ボランティアスタッフ、そして近所のおばちゃんにも

是非とも読んでいただきたい一冊です。



これからは地域で様々な問題を解決していくことが求められます。

そんな大変な時だからこそ、住民一人一人が地域の問題を考え、

解決に向けて動いていく必要があるのではないでしょうか。

この本を読まれた皆さまが、地域の活性化に向けた

第一歩を踏み出すことを願っています。
posted by 環境市民 東海事務所 at 21:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

2009年2月のコラム

P2260161.JPG

水の都ベネチアで、自動販売機をめぐる景観論争が

起きているようです。




治水工事に巨額の資金を必要とするベネチア市は、

コカコーラ・イタリア社に自動販売機の設置を認める代わりに、

「設置料」を得る契約を交わす予定で、

その設置料を工費の一部に充てるという。

これに対し、景観の保護を求める地元市民や飲食店が

猛反発しているとのことです。



日本では景観に対する意識が低いと言われています。

自販機でいえば、日本ではほとんど乱立状態で至る所に

「自販機群」を見かけます。

こんなにたくさんの自販機が必要でしょうか?

自販機がたくさんある街並みって、魅力的でしょうか?

さらにさらに、夜も常時稼働させるエネルギーは

どうやってつくられるのでしょうか?



日本において、景観は守るべき財産であるという認識が

広まるには、まだまだ時間が必要なのかも知れません。

景観のこともエネルギーのことも、当たり前だと見過ごさずに・・・ね。



写真は、筆者の自宅近くにあるタバコ屋の前の自販機群。

夜もじっと客を待ち続ける姿は健気ですらあります!


(U)
posted by 環境市民 東海事務所 at 01:24| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

2009年1月のコラム

P1120017.JPG

この日明け方から降り積もった雪は、

あたり一面にもこもこの綿ぼうしをかぶせた。

僕が起きた時はしんしんと雪が降っていて

どうなる事かと思ったが、じきに雪はやみ、

やがて冬の引き締まった空気が世界をしっかりと支配した



気持ちの良い冬の香りと静寂。


普段あまり朝に強くない僕だけど、雪の日は不思議と目が覚める。

雪が醸し出す朝の静けさが僕を揺り起こす。


実のところは交通機関が大変なことになるから、

必要に迫られて早く起きるのかもしれない。



やがて近所の子供たちがわらわらと飛び出し、

雪合戦が盛大に始まった。


誰かが雪合戦に飽きて雪だるまを作り始めると、

何人かの子がそれに続いた。


顔や手は近くの雑木林から拾ってきた枯れ葉や笹の葉のようだ、

なかなかセンスがいい。

身の回りのあるものを活用する、これも立派なエコロジー?


あっ、また今月も雪の話になってしまった。(U)
posted by 環境市民 東海事務所 at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

2008年12月28日のコラム

タイヤ.JPG

そろそろスタッドレスタイヤに交換しなくては、

と思いながら忙しくてまだやってない。

いつも寒波は突然やってくる。積もってからでは遅い。

幸いにも、と言うべきなのか、ここ数年はスタッドレスタイヤを

履いていても、名古屋近郊でそれが役立つ場面はほとんどない。



「スタッドレスタイヤって、どれがいいの?」そんな質問をする人がいる。

車関係の雑誌なんかでも、よくタイヤの性能比較の特集を見かける。

私は「タイヤの性能は自分ではどうしようもないけど、

自分の性能は磨けばどんどん上がる」と思うようにしている。



道具を使うのは人間。いくら道具が優秀でも、

人間のスキルが低くてはしょうがない。

旭川や釧路の自動車に特別な超高性能の

スタッドレスタイヤが装着されているのわけではないのだ。



年末年始に車を使う機会の多い方は、

道具も人間も早めの準備が得策。

できれば講習会などに出かけて、

雪上ドライブを体験してみることをオススメする。

(U)
posted by 環境市民 東海事務所 at 00:00| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。